fc2ブログ

もなかの狂犬病予防接種と、こももの再診。


連休前にこももを診てもらうため
掛かりつけの動物病院へ行ってきました。

でも、こももの診察前に まずもなかから。

oo-8706.jpg

体調には特に問題はなく、

oo-8707.jpg

今年度の狂犬病予防注射を受けました。

続いてこもも

oo-8708.jpg

体重は少しですが減っていました。
先生は間違いかと思ったみたいで
もう1度 測りなおしましたが、同じでした。

前回の受診から後の様子をお話しし・・・
ステロイドが効いていると思われるので
やはり リンパ性の疾患でしょう、と。
これが「炎症」なのか「リンパ腫」なのか、
それは今後治療を続ける中で分かってくるでしょう。
(確定診断のための細胞診はしないことにしたので)

今後ですが・・・
ステロイドはいつまでも使い続けることは出来ません。
いずれ肝臓が悪くなって使えなくなる時が来るでしょう。
できればそうなる前に別のお薬にシフトしていきたい。

その別のお薬ですが

oo-8709.jpg

免疫抑制剤 です。
これが第一の候補。
ただ問題は 高価 であるということ。
1カプセルが 700円 するそうです。
毎日飲むとしたら1ヶ月で2万越え。

金銭的に難しい、ということなら
別のもう少し安価な薬(人間用)もありますが、
効果は落ちるし、それでも半額程度はするそうです。

必ずしも毎日服用、というわけではなく、
数日に1度免疫抑制剤を、数日に1度はステロイドを、
といった服用をしているコも居るそうです。

こももにとって効果があるかどうかも
実際に飲ませてみなければ分かりませんし、
様子を見つつ薬の加減をしていくしかないのでしょうね。

ゴールデンウィーク中は病院のお休みもあるので
もうしばらく 今までの薬のままを続け、
連休明けの再診で今後の投薬について決めることにしました。

oo-8710.jpg

動物保険に加入しているので窓口負担は半額になりますが、
それでも高いは高いです。
でも払えない額ではないし、それで効いてくれるなら・・・

PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ

  
スポンサーサイト



小康状態。


炎症性腸疾患を発症したこもも
ステロイドの服用を始めて10日ほど経ちました。
2日目から下痢症状が落ち着いてきていたのですが、
数日前の夜にまた下痢を起こしました。
が、その晩だけで治まっています。

食欲は問題無く、おかげで
薬を飲ませるのも苦労しません。

oo-8705.jpg

連休前にもう1度、診察を受けに行く予定です。

PVアクセスランキング にほんブログ村

こももへのお見舞い、応援、ありがとうございます

にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ

  

ステロイドの効果たるや・・・


先日 処方してもらったステロイド。
その夜から服用させました。(1日1回)

翌朝、食事を与えてしばらくして
部屋のペットシーツで 小・大 の排泄がありました。
その状態が割と良かったんです。
軟らかめではあるものの最後まで形のあるもの。

その後 散歩に出たらまた緩便するかな、と思っていましたが
それも無く。
昼間もペットシーツを使うことも無く。

・・・これがステロイドの効果なの?
1ヶ月以上続いて段々悪い状態になっていってたのに
たった1回飲んだだけで効いちゃうの??

そう思っていたのですが、
夕方のお散歩ではちょっと緩めの便。

そして夜9時頃にペットシーツで
先日のような苦しそうな排便を数回。

その後、日付が変わる少し前に もう1回。
赤い粘液便を排泄しました。

そう簡単な病気ではないと分かっているのに
1日の中で一喜一憂しすぎ・・・


その翌朝はお散歩で少量の緩便。
その後、昼間はペットシーツでの排泄はありませんでした。

夕方のお散歩では

oo-8702.jpg

ゆ~っくりと歩いて

oo-8703.jpg

何度も立ち止まったりしていましたが
排便はありませんでした。
帰宅後もペットシーツでの排泄も無く。

そして、その翌日から軟らかめではありますが
キチンと形のある便を朝夕散歩で1回ずつが
数日続いています。
色も赤い部分は見られません。

1ヶ月以上 普通でない状態が続いて
段々と悪くなってきていたのが
ステロイド服用を始めた途端に止まる・・・って
ものすごい効果だなぁ。

でも これって薬で抑え込んでいるということですよね。

oo-8704.jpg

服用を始めてまだ1週間も経ってないですし
この落ち着いた状態が続くかどうかも分かりませんが、
今後はステロイドの量を減らしていけるか
それが問題になるのかな・・・

PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ

  

ステロイド投与を始めました。


前回の受診 から1週間。
こももの体調には波があるものの
時には何度もペットシーツの上で踏ん張り、
最後には赤っぽい液体がポタポタ・・・と。
そんな時はとても苦しそうで。

状態が悪くなければ薬だけを貰いに行く予定でしたが
病院に電話してこももの様子を伝えたところ、
診察を受けに来るようにとの指示でした。

oo-8700.jpg

体重は変わらず・・・
というか、微妙に増えてる。
あれだけ下痢して減らないってすごいなぁ。
食欲はあってしっかり食べられているからかな。

検便では状態はそう悪くないそうです。
悪玉菌も減ってバランスは良いのですが。

排便時の赤い液体ポタポタ、ということから
やはり大腸のほうの炎症でしょう、とのこと。

ステロイドを使うかどうか。
それは家族の判断ですが、
もし自分の飼い犬だったら使います、と先生。

前回記事に書いたようにこももは胆嚢の流れが悪いので
ステロイドを使うことで胆嚢・肝臓への悪影響は心配ですが、
下痢の悪い時のとても辛そうな様子を何度も見て
この苦しさを少しでも失くしてあげたいと思い
ステロイド投与を始めることにしました。

ステロイドは使い方がちょっと難しいです。
勝手判断で飲ませたり、止めたりをしてはいけません。
投与量・期間は先生の指示通りに。

食欲が増進したり、お水もたくさん飲みたがるようになるようですが、
水に関しては飲み過ぎると下痢のほうに影響するので
ほどほどになるよう調整してあげて下さい、とのこと。

これで調子が良くなってくれれば、
様子を見ながら徐々に減薬して
いつかは止められる日がくるでしょう。
どうかそれまで胆嚢・肝臓への悪い影響が出ませんように。

これまで飲んでいたお薬も引き続き飲ませます。
なので今は全部で5種類。
急に薬漬けになっちゃったけど・・・

oo-8701.jpg

頑張ろうね。

PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ

  

こももの病状と今後。


 ※ 今回、かなり長い文章となります ※

前回の受診 から2週間経過した先週、
再びこももを診てもらってきました。

oo-8691.jpg

体重は特に変わらず。

朝のお散歩ではやはり2回の排便があったので
持参して検査してもらいました。
下痢の上 血便気味で、大腸にも炎症があるようです。

前回の受診後ですが、
朝夕のお散歩で1回ずつの排便だったのは3日だけ。
その他の日は朝夕どちらかが2回目の緩々便があったり、
朝夕どちらもあったり、が続いていました。
お散歩時間外に室内トイレで排便したことも1回。
でも、部屋をウロウロしてトイレシーツの上を歩くことは度々あったので
何となくお腹が気持ち悪い・・・と思っているように感じます。

下痢止めは10日分しか貰っていなかったので
飲み切る前にもう10日分追加で貰いに行って、
抗菌剤も下痢止めも続けて飲んでいました。

服薬しても状況は変わらず、ということで
今回は血液検査と腹部の超音波(エコー)検査をしてみることに。
1年前も同様の検査を受けていました。

色々と細かく説明していただいたのですが
ここで正確に文章にするのは難しいです。
私の認識が間違っているところもあるかもしれません。

 ※   ※   ※   ※   ※

エコーで診たところ 腸にリンパの拡張 がみられるので、
おそらくは IBD(炎症性腸疾患)・CE(慢性腸症) でしょう。
リンパ管拡張症、リンパ球プラズマ細胞性腸炎・リンパ腫、など)

確定診断のためには全身麻酔下で
内視鏡で腸の細胞を採取し検査しないといけませんが
麻酔のリスクはゼロじゃないし身体の負担にもなります。
希望されるなら行いますが、エコーで所見があらわれた以上
それをもとに治療を進めてよいと思う、とのことでした。

血液検査のほうですが、結果はほぼ正常だったんです。
消化吸収状態を表すアルブミン値も正常範囲内。
(消化器疾患だと低下する)
炎症状態を表すCRP値も正常範囲内。
(炎症を起こしていると上がる)
これらはプラス材料です、と。

この病気の場合 たいてい下痢のほかに
食欲不振、嘔吐、体重減少などの症状があっての
受診となるようですが、
こももは今のところ下痢症状だけなんです。

コロナ対策で診察室に入れる飼い主は一人、と決まっています。
私ひとりで話を聞いての判断です。
内視鏡検査はせずエコー所見での治療を進めることにしました。

 ※   ※   ※   ※   ※

これまで飲んでいた下痢止めと抗菌剤は
まだ続けます。

oo-8692.jpg

大腸炎(血便)のお薬も追加されました。
サラゾピリン、1日2回を7日分。

そして、エコー検査で分かったことですが
胆嚢の流れがかなり悪い そうです。
胆泥の状態なんですね。
これは1年前にも少し悪い、と言われていましたが
症状は進んでいたようです。

これ自体は下痢症状とは関係ありません。
が、この消化器疾患のほうで将来的にステロイドの投与を
行うことになる可能性がかなり高いのですが、
この胆嚢状態でのステロイド投与はリスクが大きいそうです。
肝臓への逆流や胆嚢破裂などが起こりやすいらしく。

そのため今から胆嚢の状態を改善しておいたほうが良いでしょう、
ということで

oo-8693.jpg

ウルソ、1日1回。7日分。

次回(1週間以内)は症状が悪くなっていなければ
薬だけ貰いに行くことになります。
症状にかかわらず、4月中(ゴールデンウィーク前)には再診。

あとは、食餌療法。

oo-8694.jpg

フードをこの療法食に変更して様子を見ます。
これで改善がみられるとラッキーなのですが。

oo-8695.jpg

帰宅後のこもも

oo-8696.jpg

疲れたよね。
採血も 仰向けでの腹部エコーも大人しく受けられて
「柴犬なのによいコ~」と褒められました。
エコーで診るために毛剃りをしたので
お腹には小さく4ヶ所、おハゲがあります。
でも周りの毛に紛れて分からないくらい。

夕方のお散歩では

oo-8697.jpg

自分から誘って

oo-8698.jpg

もなかとバトルしていたこもも
今はこのように元気です。
が、この病気はとても速く悪化することもあるようなので・・・

oo-8699.jpg

こももの不快感が出来るだけ軽くなりますように。
出来るだけ長く元気でいられますように

 ※   ※   ※   ※   ※

こももの体調が落ち着くまで(落ち着くかどうか分かりませんが)
これまでのような頻繁なお出掛けは出来ないので
ブログの更新頻度は落とそうと思っています。
あ、まだ3月中のお出掛けは記事化していないので
ボチボチとUPしていきますね。

あと・・・
実は私自身もこのところ体調が思わしくありません。
やたらと疲れやすいんです。
一番ひどい時は数メートル歩いただけで息切れして。
そのため3月末に予定していた
3回目の新型コロナワクチン接種はキャンセルしました。
内科で診てもらったところ極度の貧血状態でした。
息切れはヘモグロビンが少ないせいで
身体が酸欠状態だったから。
それについては鉄剤の服用でかなり楽になってきたのですが、
貧血の原因となるなんらかの病気があるかもしれないので
これから他の診療科での検査を受ける予定です。

こももも私も もういいトシだもんね。
いろいろあっても仕方ないよね。

PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ

  

プロフィール

こもしば

Author:こもしば
 
柴犬こもも・雑種犬もなか。
2ワンとふたり。
家族揃って元気なうちに
愛犬達とのお出掛けを
存分に楽しもうと思っています。
 
2017年1月、兵庫県姫路市から
三重県鈴鹿市へ転居。
2020年11月、社宅を退去。
このまま鈴鹿定住の予定です。

2022年3月、柴犬こももは
炎症性腸疾患を発症しました。
頑張って治療を受けていましたが
2022年9月11日、力尽き旅立ちました。

カレンダー

03 | 2022/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

商品モニターしてます

当ブログについて

★ ブログ内で紹介している施設等の情報は、私が訪れ、記事に書いた時点でのものです。その後の変更については関知しません。ご了承ください。

QRコード

QR

検索フォーム

● もなかの出身保護団体 ●

保護犬の里親募集サイト ドッグレスキュー

● もなかと出会った場所 ●

いつでも里親募集

 ★ いま何歳かな~? ★

 ☆ にくきゅう手帳 ☆

にくきゅう手帳

● どうぶつ福祉ネットワーク ●

どうぶつ福祉ネットワーク

fc2ブログランキング

にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 お出かけ・お散歩へ にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ PVアクセスランキング にほんブログ村 こももな「お出掛け日記」+α - にほんブログ村

人気ブログランキング